細川 民夫

細川 民夫アフターメンテナンス・リフォーム

大工、現場監督経験の豊富な細川さん。その経験を活かして、アフターメンテナンス・リフォーム担当として、OB施主様のご自宅にお邪魔し、修繕などを担当しています。

新築住宅では、最初の数年は、木材の乾燥収縮などが原因で、クロスの隙間ができた、建具のしまりが悪くなった、といった状況がときどき発生します。

お施主様からお電話をいただいたら、訪問し、状況を診断して、その場で直したり、工事のお見積もりや、段取りを組んだりするのが私の仕事です。

私は子どもの頃からモノづくりが好きで、特に大工の仕事に憧れて、大工になりました。その後現場監理の仕事を長年やってきました。木造住宅や鉄筋コンクリートの建築物など、さまざまな建物を担当しました。

定年退職を迎えましたが、まだまだ働きたいと思い、2008年に晃和住宅に入社しました。大工や現場監督の経験があるので、アフターメンテナンスで訪問した際に、その場でササッと直せることも多々ありますし、どの分野の職人さんに直してもらえば良いか、直すための具体策やコストなども判断できます。仕事が込み入っているときはなかなか迅速に対応できない場合もありますが、極力お客様をお待たせしないようにと思っています。

私は自宅も中古住宅を買って、自分で大規模修繕をして住んでいます。仕事が趣味のようなものです。この仕事は身体も動かすし、人との出会いもあるので、健康維持にも良いと思っています。